エントリー

2016年06月の記事は以下のとおりです。

太極鞭杆(短棍/杖)

第3段階套路動作名称


1.起勢
2.子牙観陣
3.黄龍出洞
4.釣魚勢
5.朝陽棍
6.仙人揮鞭
7.白雲蓋頂
8.大雁展翅
9.行者背棍
10.古樹盤根
11.翻身劈杆
12.撩扎一杆
13.青龍轉腰
14.白鶴旋舞
15.回身劈杆
16.倒卷簾
17.泰山圧頂
18.力劈華山
19.金鶏独立
20.手按地蛇杆
21.轉身下劈
22.夜叉探海
23.二郎担山
24.蘇秦背剣
25.回頭朝陽
26.大雁展翅
27.白猿献果
28.古樹盤根
29.翻身劈杆
30.撩扎一杆
31.青龍轉腰
32.白鶴旋舞
33.回身劈杆
34.倒卷簾
35.鐵門栓
36.黄龍点杆
37.分鬃換柱(偸梁換柱)
38.蹬一脚
39.覇王挙鼎
40.黒熊背翻
41.武松打虎
42.風巻残花
43.撥雲望日
44.左撲一杆
45.胡蝶赶山
46.懐中抱月
47.右撲一杆
48.羅漢降龍
49.護膝鞭
50.怪蠎翻身
51.黄龍三攪水
52.那咜鬧海
53.白猿拖杆
54.鐘魁仗剣
55.青龍出水
56.鷹熊闘智
57.烏龍擺尾
58.美女望月
59.轉身下劈
60.夜叉探海
61.盖攔式
62.磨盤式
63.韋駝献杵
64.還元勢

この套路は本来は陳家溝の十三棍術からできています。十三棍は十三の単式動作による鍛錬法。正しい姿勢と強力な勁を養うのに最適な道具を使った鍛錬方法。
この短棍套路の大部分の構成は焦作市で十三棍術を演武用に套路として組まれた二十四式と四十六式の小套路であり、1994年ごろに焦作市の太極拳教練から学ぶ機会があった。その後も、もともとの伝統の十三棍や太極白猿棍、太極五虎群羊棍などの用法研究をして、この套路を練り続けた。現在うちで練習しているのは、若干の改良をしたもので、基本の十三動作に刀、剣、槍、大刀の要素を再度加えて64式に拡大しています。
歩法や角度、用法の7割は五虎群羊棍の解釈になります。動作名称や名称の順番には実際の動作と矛盾があったために2016年までに3回修正しました。

陳家溝では、刀や剣や槍や大刀を短い棒で代用することが普通であり、すべての武器は短棍に変換して行うことができるため、技術上矛盾が生じることがない。短棍をおこなっておくと本来難解であった根本的な動作や発勁を驚くほど容易に身につけることができる。動作は体術動作の基本の集大成であり、初心者でも、上級者でも学ぶことで得られるものが大きい。当会においてはレベルアップになくてはならない訓練方法となっている。

 

用語解説

子牙 / 姜子牙/太公望。紀元前11世紀ごろに活躍した周の軍師、後に斉の始祖。

行者 / 西遊記の孫悟空のこと。

夜叉 / 仏教護法神。

二郎 / 中国の神話に出てくる人物。山を担いで太陽を追いかけた。

蘇秦 / 中国戦国時代の弁論家。張儀と並んで縦横家の代表人物。

偸梁換柱 / 兵法三十六計の第二十五計にあたる戦術。偽物を本物と偽る。

覇王 / 武力で天下を治める人。項羽。

武松 / 水滸伝の登場人物で素手で虎を殴り殺した。

那咜 / 中国の神話に出てくる人物。仏教護法神。

文王 / 中国の周朝の始祖。姓は姫、諱は昌。

磨盤 / 石臼、回転砥石

韋駝 / 仏教護法神。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2016年06月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

東京研修会
2017/09/10 00:10
夏の食べ物
2017/08/16 01:07
京都練習会
2017/08/13 12:11
三船久蔵先生と星崎治名先生
2017/08/05 04:47
ちょっとした非日常、或いは日常
2017/07/24 01:29

Feed