エントリー

カテゴリー「ニュース」の検索結果は以下のとおりです。

東京研修会

●セミナーの内容:内功動作、太極拳、纏糸功

-----------------------------------------------------

9/30(土)大久保

-----------------------------------------------------
10/1(日)新宿

-----------------------------------------------------
持ち物 上履き 短棍
-----------------------------------------------------
参加者

募集人数 15名

★新規参加者募集中

申込締切 9/28(木)

この数年の思い出5

12717882_976997229042547_4277555590940998010_n.jpg

伊賀忍者の市川伊蔵先生と、忍軍吾妻衆の後裔の伊与久大吾先生と。

私もじつは・・甲賀の忍者学校の免状を持っていたりします。

若かりし頃

524519_310793122350004_711045201_n.jpg

少林拳では世界的に有名な川口賢先生との対打

はじめての東京でのセミナーのときに

川口先生に手伝っていただきました。

友情に感謝です。

少林拳と陳氏太極拳は河南省の兄弟拳法です。

この数年の思い出4

11960139_845181328911178_5578566880008163769_n.jpg

東京での行きつけの中華料理屋さんで日本の査拳ではたいへん有名な、金澤日菜子選手とツーショットで写真を撮っていただきました。金澤選手が訪中する前でしたので、中国の話で盛り上がりました。

この数年の思い出3

16174634_1303878219691908_236738888129442601_n.jpg

さそり座生まれの仲間

業界では有名な太極拳教師である秋山先生と、世界的ダンサーで「柔芯体メソッド」の稲吉先生と三人で記念写真。

この数年の思い出2

14725602_671260443033575_5619974588705341727_n.jpg

元K1ファイターの子安慎悟先生との出会いがありました。

素晴らしい人格者でした!

この数年の思い出1

10410233_10154107608252764_7657116987761556929_n.jpg

さそり座生まれの仲間

香港の著名な武術家の廖先生と、同じく著名な日本剣術家の高無先生と奈良や京都を一緒に旅行し、柳生の里まで行き、数日後は長野県でバッタリ再開したり、

両先生と出会ったことで武の気づきがたくさんありました。

 

バンコク遠征報告

0IMG_9865.JPG

2月8日から一週間、バンコクに指導に赴きました。

はじめてのタイ国、まず日本から出発し香港で飛行機を乗り換えバンコクでした。基本的に飛行機では北京語が通じましたので、困ることなくタイに入国

空港ではWi-Fiが使えましたので、スマホでメールのチェックなどできました。しかし、ここのサイトは外国からアクセスができない仕様のためちょっと考えさせられるものがありました。

バンコクの太極拳練功会の道場にて五日間、推手と套路と理論などを教授し、夜はビールをたくさん飲みました。

偶然、バンコクで混元太極拳の堀仁彦先生にお会いし、夜にうどんを食べに行き、その後、バンコクの夜の道端でプチ演武会をしました。

ホテルでは英語しか通じずでしたが、もと英語部だった記憶が少しづつよみがえり、ホテルの従業員ともコミュニケーションもとり、鍵が開かないトラブルなどやり過ごすことができました。

2月14日の夕方に帰りの飛行機に乗りましたが、香港の乗り換えが4時間ほどあり、日本についたのは15日の朝の7時すぎでした。

北海道遠征報告

JUBR9622.jpg

本年も7/15~7/18まで函館に滞在し、セミナーをさせていただきました。 7月15日の朝に京都を出発し。新幹線で函館まで行きました。 本来飛行機のほうが圧倒的に速く行けるはずなのですが、日程が決まったときにすでに関西からの割引航空券売り切れていたこともあり、せっかくですから開通した北海道新幹線を利用することにしたのです。家から8時間ほどかかりましたが、移動中はほとんど寝ておりました。 今回も前回に引き続き函館太極拳研究会の依頼で、内容は内功、丹田、氣功、推手に必要な意念の訓練法でした。 昨年よりもみなさんは進歩しておられ、土曜日の講習では去年の復習と説明に時間を割きましたが、格段に良い動きをされていました。土曜日の訓練では中心軸と丹田の方向、重心移動、勁と力の差についての講義を行いました。 日曜日は聴勁や氣功の訓練の一環として一円玉を使った自然集中の訓練を行いました。この訓練は粘勁と吸勁の習得にもつながります。 そのあとは四正推手や護心拳での対練などでした。基本的に直線と45度の使い分けがどの練功にもかかわっており、土曜日、日曜日としつこいくらい同じ説明をしましたが、重要なことです。 今回は助手を連れて行かなかったですが、現地で相手役をしてくださったかたが数名おられましたので、説明時随分たすかりました。

秘伝2016年5月号

190xauto-5731.jpg

BABジャパンの月刊秘伝の隔月連載「太極遊戯」を書かせていただいておりますが、5月号に第12回目の記事が掲載されました。
二年間続いた隔月連載でしたが、今回が最終回になります。

御愛読ありがとうございました。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3

ユーティリティ

2017年09月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

東京研修会
2017/09/10 00:10
夏の食べ物
2017/08/16 01:07
京都練習会
2017/08/13 12:11
三船久蔵先生と星崎治名先生
2017/08/05 04:47
ちょっとした非日常、或いは日常
2017/07/24 01:29

Feed